お盆の夕べ・精霊流し

この伝統文化を残したい

お盆の夕べ・精霊流し(福島区)

実現のため、皆様のご協力とご寄付をお願い申し上げます。

ローソクの灯

令和2年8月16日(日) 午後4時~8時

※天候や感染症など、予期せぬ事態により直前、当日の急な計画変更がありえます。
最新の情報はホームページでご確認ください。

【ご注意】御供物は必ず箱に入れてお持ちください
(舟形でも可)

イベントについて

日本では古くから、お盆に亡き人をおまねきしてお接待をするという文化があります。
亡くなった身近な方々や、私たちの今を形成してくださった、血縁でつながったご先祖様に想いをよせ出会う、「お盆に行われる伝統行事」。
この美しい日本の心がかよった慣習を未来へと残していきたい。その想いで「盆送り(精霊流し)」という行事を残していくため、賛同していただけるたくさんの皆さんに、ご協力をお願い申し上げます。
    1、ボランティアとしてこの事業を手助けしていただける方。
    2、募金や寄付という資金面で支えていただける方。
この両方があってこの事業を実現することができます。一人でも多くの方に、少しの力でもわけていただいて、どうかこの事業を実現させていただきたいと思っています。よろしくお願い申し上げます。

主催 : 福島区お盆の夕べ実行委員会

※人手の面でご協力いただけるボランティアの方、下記アドレスまでご連絡ください。

※募金や寄付という資金面で支えていただける方、下記アドレスまでご連絡ください。

福島区お盆の夕べ実行委員会 : ullambanafukushima@gmail.com

【お供え物の受け入れについて】

「お盆」はその期間、ご先祖さまとともに過ごします。
また、その時のお供物はご先祖さまをお送りするとともに、川に流し、お送りする風習がございます。
しかし、現代では、まだ食べられるものを「もったいない」と感じる方もいらっしゃいます。 私たちは「お盆のおまつり」を安心して行えることが、一番の目的であります。 お受け入れしたお供物は供養の上、環境に配慮して、最終的には廃棄することになります。
ご理解いただける方には、フードロスの2次利用に取り組む「NPO」の方々の協力のもと、廃棄する食べ物を最小限にするよう、努力とともにご提案させていただきます。

主催 : 福島区お盆の夕べ実行委員会
令和2年8月16日お盆の夕べ会場 : 午後4時~8時

【YouTubeに昨年度の動画をアップしていますので、ごらんください。】

お盆の夕べの動画